平成28年(2016年)
平成28年(2016年)




 子どもの事故の最大の特徴は家庭内事故が極めて多いということです。なかでも居間での事故が多く、続いて台所、階段と続きます。家庭内は子どもにとっては戸外と同じくらい危険に満ちた環境であるということを再認識するべきです。

「事故発生場所」
「家庭内事故」
「家庭外事故」