京あんしんこども館では、小児科医師、保健師、看護師が電話や個別面談で子どもさんの発育、発達、子育て不安や予防接種、病気などについてご相談を受けてアドバイスをしています。また、お子さんの不慮の事故、特に家庭内で起こる誤飲や転落、やけど、溺水事故について、どのようにして起こり、防ぐためにはどのようなことに注意したらよいのか、家庭を再現したモデルルームを見学していただき説明をしています。また、その他にも、お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会・自転車用ヘルメットとチャイルドシート使用講習会・わが子を事故から守るプレママ・パパ教室を開催しています。  
 スタッフは、小児科医師、保健師、看護師、事務員で対応しています。



 
平成29年8月1日付でセンター長に就任しました。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。
 京都市子ども保健医療相談・事故防止センターは京都御所の西、京都第二赤十字病院の隣りに平成16年8月に開設しました。京(みやこ)あんしんこども館の愛称で子どもの保健医療相談と、事故予防の啓発活動を行っています。保健医療相談は、小児科医師・保健師・看護師が電話や面談で相談者と一緒に考えアドバイスしています。子育てに不安や心配があれば一人で悩まず相談してください。
  わが国では、1歳から14歳の子どもの死因の上位に「不慮の事故」があります。当センターには、子どもの事故がどのような所でどんなふうに起こるかを体験できるモデルルームをつくっており、子育て中の保護者の皆さんや学生・福祉の仕事をされる方々に見学していただき、子どもの事故予防に役立てていただきたいと考えています。このような施設は今のところ全国で唯一です。上手に利用していただけると幸いです。
  
   センター長 大矢 紀昭
(滋賀医科大学名誉教授)



1.来館者数


平成28年度
 個人来館者:1,007名 団体来館者:1,189名 合計2,196名

平成29年度
 個人来館者:1,133名 団体来館者:1,209名 合計2,342名

2.保健医療相談件数

平成28年度
 電話相談: 910件 予約相談:15件 フリー相談:145件  合計1,070件

平成29年度
 電話相談: 821件 予約相談:59件 フリー相談:165件  合計1,045件

3.講習会

平成28年度  
28年4月12日 第44回お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会 28名参加
28年5月10日 :第16回自転車用ヘルメットとチャイルドシート使用講習会 19名参加
28年8月23日 :第45回お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会 34名参加
28年9月3日 :第11回消防署と共催によるお子さんの救急救命講習会 28名参加
28年10月19日 :第17回自転車用ヘルメットとチャイルドシート使用講習会 29名参加
28年11月8日 :第46回お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会 24名参加
29年2月14日 :第47回お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会 10名参加
   
平成29年度  
29年4月19日 第48回お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会 24名参加
29年5月24日 :第18回自転車用ヘルメットとチャイルドシート使用講習会 23名参加
29年7月19日 :第49回お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会 32名参加
29年9月2日 :第12回消防署と共催によるお子さんの救急救命講習会 26名参加
29年9月20日 :第19回自転車用ヘルメットとチャイルドシート使用講習会 30名参加
29年11月22日 :第50回お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会 29名参加
30年1月24日 :第51回お子さんの応急手当(心肺蘇生法)講習会 26名参加

4.研修会

団体・グループ研修
(単位:件)
  平成28年度 平成29年度
合計
行政(視察含)
3 0
3
大学・高校・看護学校
22 19
41
幼稚園・保育園関係
7 8
15
子育て支援関係
9 8
17
病院関係
0 0
0
企 業・その他
3 2
5
合計
44 37
81


京あんしんこども館と京都第二赤十字病院は扉で繋がっていますので、病院からも入る事ができます。


当館から病院を見る
廊下向かって左側が、産婦人科外来。
向かって右側が、小児科外来。
 

病院からの当館入口